Home会社概要会社沿革営業品目情報アラカルト採用情報東京本社案内清水工場案内決算公告
会 社 沿 革
昭和23年(1948) 6月 賠償物資や輸出品包装用の角金・隅金の生産に着目したが、資材全般が政府統制下にあったので、商工省(現経済産業省)指定生産の認可を受けて製造することを目的として清川康雄が創業。
昭和23年(1950) 8月 事業の伸展に伴い資本金30万円にて太洋工業株式会社設立。
昭和27年(1952) 2月 資本金100万円に増資。
昭和29年(1954)10月 ストリングバンド(紙バンド)および附属機具の研究製造を開始。
昭和34年(1959) 3月 資本金300万円に増資。
昭和35年(1960) 1月 清水工場第1期工事完成し、日産50万mを誇る紙バンドマシン6ライン稼働開始。
昭和35年(1960) 9月 資本金400万円に増資。
昭和38年(1963) 6月 資本金800万円に増資。
昭和40年(1965) 8月 資本金1,600万円に増資。
昭和41年(1966) 9月 清水工場第2期工事完了し、最新・最高の設備を誇る紙バンドの一貫作業体制成る。
昭和42年(1967)12月 本社および機械工場を文京区関口町より現在地へ移転。
昭和43年(1968) 3月 清水工場JIS表示許可工場となる。(Z1517 第367276号)
昭和52年(1977)10月 資本金3,200万円に増資。
昭和63年(1988) 3月 本社ビル新築竣工(地下1階,地上10階建)。土地427.86u 建物延2,065.22u
平成44年(1992)10月 清水工場増改築完成。土地2,213.41u 建物1,800.02u
平成12年(2000) 9月 会社創立50周年を記念し、社員表彰と謝恩パーティーをパレスホテルで開催。